Author:
• 月曜日, 8月 11th, 2014

正直、子どもの頃や学生時代は辛いものでした。色々と事情や不幸が重なったんですね。
酷く惨めな思いも怖い思いもしてきました。

でもそんな中でも微かに見えていた希望。
それを頼りにどうにか生きてきました。まぁ何よりそんな辛い境遇なのが私だけではなく家族全員だったから頑張れたのかもしれません。

辛い経験はなるべくしない方がいいです。なるべく心に傷はない方がいい。


でも私はそんな辛いことがあって、あの頃があったから今の私がいると思うんです。

そして今の私であるからこそ掴めた幸せがあると思うんです。

私には今、世界一大切な夫と守るべき家族がいて、あの頃は辛かったねと笑える今があって。

私は幸せです。だからきっと辛いことがあっても今こうして生きているのだから人生なんて何が起こるかわかりませんよね。

Category: nocategory
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.