Author:
• 金曜日, 8月 22nd, 2014

私のドレッサーの引き出しの中には数種類のあぶらとり紙があります。

あぶらとり紙は鼻の脂を取ったりするもので、本来ならこんなに何種類も持っている必要はありません。

ならなぜこんなにあぶらとり紙があってしかも使ってないのかということです。

ちなみに私はその引き出しのあぶらとり紙ではなく使うため専用のあぶらとり紙を持っていて使っています。


理由は可愛くて使えないんです。
お土産屋さんなんかに置いてある御当地あぶらとり紙や本当に見た目の可愛らしいあぶらとり紙。

ただのあぶらとり紙ではありますが、でも可愛過ぎて使うのがもったいなく思えてしまうんです。

こういうことってありますよね。なので、私はもう使わないと決めてコレクションとしてドレッサーになおしています。

Category: nocategory
Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.